新型コロナおよびAerogen

患者の呼気から生じる感染リスクを軽減

最新のGOLD Report1が、人工呼吸器のサポートを受けている新型コロナ患者に関して次のように述べています。

「人工呼吸器回路を閉鎖したまま外部からのウイルスを侵入させないことが極めて重要です。人工呼吸器を使用している患者に振動メッシュネブライザーを使用すれば、吸入薬剤投与のために人工呼吸器回路を外部の環境に開放することなく薬剤を投与することができます。」

Aerogenは吸入薬剤投与ができる唯一の呼吸器回路閉鎖型システムであり、患者の呼気から生じる感染リスクを軽減し2-7、有効な量の吸入薬剤投与を可能にします2,8,9

Aerogenの振動メッシュテクノロジーによって吸入治療薬がどのように効率的に新型コロナ患者に投与され、患者と医療従事者の安全のためにどのように設計されているかについてご紹介します。

国際的なガイダンスで、新型コロナ患者の治療における振動メッシュテクノロジーの使用の概要について公表されています1,4,6,10,11

Aerogenは新型コロナ患者に吸入治療薬を投与するためのソリューションです

安全性

Aerogenは吸入薬剤投与ができる唯一の呼吸器回路閉鎖型システムであり、患者の呼気から生じる感染リスクを軽減します2-7

有効性

Aerogenは効率的に吸入薬を送達し2,8,9、ジェットネブライザーと比べて9、5倍以上の吸入薬を肺に送達します8

信頼性

Aerogenは、Dräger、GE、Hamilton Medical、Maquet、Medtronic、Philipsなどの世界をリードする多くの人工呼吸器企業から使用が推奨されています

新型コロナ関連のお問い合わせ

Aerogenと各国のAerogen担当者は世界中からのお問い合わせに対応します。

問い合わせる

信頼性

Aerogenは、現在、新型コロナの治療方法やワクチンを開発する複数の企業と協力しています5。 世界75ヵ国以上で20年以上にわたって使用されているAerogen技術は、200件を超える査読済み論文で発表されています5。Aerogenは人工呼吸器を扱う多くの世界トップメーカーから信頼され、使用を推奨されています。


参考文献

1 DMG Halpin , GJ Criner, A Papi, D Singh , A Anzueto , FJ Martinez, AA Agusti , CF Vogelmeier on behalf of the GOLD Science Committee. Global Initiative for the Diagnosis, Management, and Prevention of Chronic Obstructive Lung Disease: The 2020 GOLD Science Committee Report on COVID-19 & COPD https://www.atsjournals.org/doi/pdf/10.1164/rccm.202009-3533SO
2 Ari A. Practical strategies for a safe and effective delivery of aerosolized medications to patients with COVID-19. Respir. Med. 2020; 167. doi:10.1016/j.rmed.2020.105987.
3 Miller A, Epstein D. Safe bronchodilator treatment in mechanically ventilated COVID-19 patients: A single center experience. J. Crit. Care. 2020; 58: 56–57.
4 Respiratory care committee of Chinese Thoracic Society. [Expert consensus on preventing nosocomial transmission during respiratory care for critically ill patients infected by 2019 novel coronavirus pneumonia]. Zhonghua Jie He He Hu Xi Za Zhi 2020; 17: E020.
5 Aerogen社内資料(2020年8月)
6 Fink JB, Ehrmann S, Li J, Dailey P, McKiernan P, Darquenne C et al. Reducing Aerosol-Related Risk of Transmission in the Era of COVID-19: An Interim Guidance Endorsed by the International Society of Aerosols in Medicine. J Aerosol Med Pulm Drug Deliv 2020; : jamp.2020.1615. 

7 O’Toole C, McGrath JA, Joyce M, Bennett G, Byrne MA, MacLoughlin R. Fugitive Aerosol Therapy Emissions during Mechanical Ventilation: In Vitro Assessment of the Effect of Tidal Volume and Use of Protective Filters. Aerosol Air Qual Res 2020; 20. doi:10.4209/aaqr.2020.04.0176.
8 Dugernier J, Reychler G, Wittebole X, Roeseler J, Depoortere V, Sottiaux T et al. Aerosol delivery with two ventilation modes during mechanical ventilation: a randomized study. Ann Intensive Care 2016; 6: 73.
9 MacIntyre NR, Silver RM, Miller CW, Schuler F, Coleman RE. Aerosol delivery in intubated, mechanically ventilated patients. Crit Care Med 1985; 13: 81–84.
10 Cinesi Gómez C, Peñuelas Rodríguez Ó, Luján Torné M, Egea Santaolalla C, Masa Jiménez JF, García Fernández J et al. Clinical consensus recommendations regarding non-invasive respiratory support in the adult patient with acute respiratory failure secondary to SARS-CoV-2 infection. Med Intensiva (English Ed 2020; 44: 429–438.
11 Swarnakar R, Gupta N, Halder I, Khilnani G. ICS guidance for nebulization during the COVID-19 pandemic. Lung India 2020; 0: 0.
12 https://www.aarc.org/wp-content/uploads/2020/03/guidance-document-SARS-COVID19.pdf (accessed 13 Nov2020).